外食アンサー.com

Sponsored Links

コージーコーナーのケーキ・メニューや店舗情報など

コージーコーナーについて
コージーコーナーとは、銀座生まれの洋菓子のお店です。首都圏を中心として、全国に約400店舗あり、そのうち200店舗ほどは首都圏内にあります。

山内社長が挨拶述べられていますが、「憩いの場所(=cozy corner)」が名前の由来で、昭和23年、銀座の1件の店舗から始まりました。日本の復興のための憩いの場を提供したいという思いからでした。当時馴染みの薄かった洋菓子を、日本人好みの味にしながら販売していました。

その後、ケーキやシュークリーム、マドレーヌ、プチケーキ等が手頃なお値段で買えるように工夫され、多くのファンがいます。安くても品質はいいものを保っていて、焼き菓子、チョコレート等が、モンドセレクションを7年連続受賞している経歴もあるほどです。

受賞しているお菓子には、「子犬サブレ」「リーフパイ」、また「フィナンシエ」「タルトレット」「マロンコロ」が、モンドセレクション三年連続受賞で、国際優秀賞を受賞しています。





コージーコーナーのメニュー

コージーコーナーのメニューには、ありとあらゆる洋菓子が豊富にあります。コージーコーナーのページにメニューが載っています。

ホールケーキやカットケーキ、プチケーキ、シュークリームやエクレア、プリン、マドレーヌやクッキー等の焼き菓子、チョコレート、アイスのケーキやシュークリームも販売されています。

もちろん、お誕生日や記念日用のケーキも充実。ショートケーキやチョコケーキ、動物風のケーキやアレルギー対応のケーキも販売されていて、記念のプレートやろうそくもあります。





コージーコーナーのカロリーやアレルギー情報

コージーコーナーのメニューのカロリーがどれだけあるのか、またアレルギーでも食べられるものがないか、気になる人もいますよね。コージーコーナーのページでは、アレルギーを起こすアレルゲンの情報は載っています。また、小麦や卵、牛乳を使わないデコレーションケーキも、4日前からの予約で作られています。

ただ、カロリー情報はコージーコーナーのページには載っていません。いくつかのサイトで大体の推定のカロリーが載っています。人気のケーキのカロリーの目安は、おおよそ次の通りです。(あくまで目安なので、参考程度にどうぞ。)

苺のショートケーキ 344kcal
苺のチョコバナナロール 390kcal
苺のフルーツケーキ 364kcal
苺のタルト 373kcal
アップルパイ 326kcal
チョコレートケーキ 501kcal
ミルクレープ 445kcal
モンブラン 337kcal
7種のフルーツタルト 342kcal
5種のチーズを使ったこだわりレアチーズ 419kcal
チーズケーキ 249kcal
ジャンボシュークリーム 262kcal
ジャンボプリン 302kcal





コージーコーナーの店舗

コージーコーナーの店舗がどこにあるかは、コージーコーナーのページで探すことができます。

都道府県ごとに探すこともできますし、店舗名や住所等、キーワードからも探すことができます。住所と電話番号、営業時間、アクセス地図やアクセス方法を確認することができます。

また、Suicaが使える店舗、生ケーキや焼き菓子、アイスを取り扱っている店舗、カフェやレストランがある店舗等、条件からも探すことができるので、使いたいサービスを絞って探すことも可能です。

お好みに合わせて、お気に入りの店舗を見つけてみてくださいね。
コージーコーナーのキャンペーン
コージーコーナーでは、季節に応じたキャンペーンを行なっています。クリスマスのクリスマスケーキはもちろん、ハロウィンにもハロウィン限定のスペシャルプチケーキ等が登場します。

また、バレンタインのシーズンには、チョコレートの詰め合わせや「銀座ショコラ」という生チョコも販売され、ギフト用にもぴったり。そしてひな祭りに向けて、ディズニー・デザインのクッキーや焼きショコラ等のスイーツが販売されます。ディズニー好きのお友達などにプレゼントしても喜ばれますね。

また、お得なセールもやっていて、毎月22日は「ショートケーキの日」となり、苺のショートケーキや他2品のショートケーキが10%オフ!また定期的に「人気のケーキSALE」も実施していて、期間中はやはり対象のケーキが10%オフになります。詳しくはコージーコーナーのページで見て下さいね。